記事一覧

そんな自由な時代にジュエリーを作り始めたのも

80年代前半のロンドンは、70年代のパンク・カルチャーによって既存の価値観が壊された後だったため自由な空気感に溢れ、常識にとらわれない表現が加速していた時代だ。ヴァンクリーフ ピアスレイヴ・カルチャーが生まれたり、ボーイ・ジョージが奇抜なファッションで一世を風靡したのもこの頃だ。そんな自由な時代にジュエリーを作り始めたのも、セオの発想力をより独創的にしたのかもしれない。

ヴァンクリーフ&アーペル ヴィンテージアルハンブラ ペンダントコピー VCARD34900


カルセドニー : 1 石
ホールマーククラスプ スモールモデル ホワイトゴールド
サイズ
チェーンの長さ : 42 cm

ヴァンクリーフ&アーペル アルハンブラ ペンダント偽物 VCARN59N00

作品詳細
スウィート アルハンブラ ハート ペンダント、ローズ ゴールド、カーネリアン
石 カーネリアン: 1 石
ホールマーク クラスプ、ローズゴールドのエクストラスモールモデル
チェーンの長さ:40 cm

ヴァンクリーフ&アーペル スウィートアルハンブラハートピアス カーネリアン 偽物 VCARN6BP00
¥12,500


素材K18PG(750) ピンクゴールド x カーネリアン
サイズモチーフ約W0.8×H0.8cm【枠 バチカン等を含む】

冒頭と上記の画像は、リングの一部が開く仕組みになっている「オープニング・リング」と呼ばれる一連のシリーズだが、Wizard of Oz Emerald City Opening Ringは1939年の映画「オズの魔法使い」を観た事がある人ならば、たった一つの指輪でその世界観がここまで緻密に、そして美しく表現されている事に驚くことだろう。ヴァンクリーフ 偽物Adam & Eve Opening Ringにおいても趣向を凝らした装飾が一目で物語性を伝え、情報量が多いのにまとまりがあるデザインに仕上がっている。ユニークな機構も含め、映画や聖書の世界観を難なく表現してしまえるのも、セオならではの創造力によるものだろう。

【関連記事】:世界のジュエリーやコレクションをはじめ

コメント一覧